えせ着うたの作り方


SMAF(mmf形式)の作り方
新しい携帯端末は対応していない可能性もあります。
下記のサイトで対応しているかどうか確認して下さい。ちなみに使用ツールはSSDです。
携帯端末対応表
Vodafone
au

用意するものは全てフリーソフトです。

必ず必要なもの
[Sound Engine]←音楽を編集するので必ず使います。
SoundEngine

[mmf conv2]←えせ着うたを作るソフトです。
mmf_conv2

[SSD-MA3-SMAF]←これはダウンロードしたらすぐパソコンに
インストールして下さい。忘れやすいので;
SSD-MA3-SMAF

自分が作りたい音楽データ(mp3かwav形式のもの)

おそらく皆さんの使っている音楽ソフトはwindows media playerか
Real Playerとかだと思うのですが、そこで保存されたデータはここでは使えません。
ですのでCDという形であるか、もしくはiTunesなどで取ったデータ(mp3)
を用意してください。私の場合は音源はほとんどCDからです。


[CD2WAV32]←CDから音を取りたい人が使います。
CD2WAV32(CDからWAVファイルに変換するツール)


[Scpmx]←mp3からwavに変換します。mp3形式の音楽データから作る人用。
Scpmx(mp3→wav変換ツール)




 作り方は1.から8.までamc形式の着う
たを作るのと同じです。残りの9.から11.
までがSMAF特有の作業なので、SMAFができる人
はamcも簡単に作れるので試してみるのもいいですね。

注意:mp3形式のデータから作る人だけ↓この作業から始めて下さい。

.まず初めに[Scpmx]を起動して
convert→Single file→Decode to waveを押して下さい。
自分の着うたにしたい音源(mp3)を探して開きます。
すると自動的にmp3形式の音源がwav形式に変換されます。
ここでエラーが起こる場合はmp3ファイルが壊れている可能性が高いです。

画像

.次にデスクトップなどに保存して、まず第一段階は終了です。
↑これでmp3形式からwav形式に変わったわけで、これによって
次に使う[Sound Engine]でも開ける形式に変わったというわけです


  次は
.からになります。






注意:CDから着うたを作る人は↓この作業から始めて下さい。

.まず初めにCDwav32を起動して
着うたにしたい音源の入ったCDをパソコンに取り込みます。
するとCDwav32の画面上にCD内の曲のリストが表示されます。
もしここで表示されないのであれば、そのCDがコピーコントロールCD
でないか確認してください。
コピーコントロールCDの場合は使えないことがあります。

画像

.その表示されたリストから自分の欲しい音源を探し、その上で右クリックして、
「取り込み開始」を押します。
デスクトップなどに保存先を指定し名前を適当に付けて「設定」を押します。
これで第一段階終了です。

↑これでCDから取り入れたデータがwav形式で保存されたことになり、
次に使う[Sound Engine]で開ける形式で保存できたというわけです。






.次に[Sound Engine]を起動して下さい。


.ファイル→「開く」を押して1.2.で作った音源(wav形式)を開きます。


.Sound Engine上に音源の情報が表示されるはずです。
この情報は簡単に言えば音の音域別に強さを示した図といえます。


.次に着うたにしたい部分を範囲選択して切り取っていきます。
この時音源を再生しながらやらないと難しいと思います。
選択する方法は、まず着うたにしたい部分の始点でマウスの左クリックを押して
押したまま伸ばしていき、終点で放せばできます。
選択したところは色が反転して黒くなるはずです。
音の始まる場所や終わる場所を正確に取りたい人は
虫眼鏡(+)を押すと細かいところまで見えるのでやりやすいかもしれません。


画像

フェードアウトなどをつけたい人
範囲が選択出来たらまだ保存せずに
「編集」→「切り抜き」を押します。
くれぐれも「切り取り」と間違えないように;


そして切り抜きができたら次はフェードアウトしたい範囲を選択します。
この選択の方法もさっきと同じようにします。
右クリックして「フェード」→「フェードアウト」を押します。

画像

これで出来上がりました。うまく出来なくても元通りに戻すことも
できるんで、自分の一番納得のいくフェードアウトを完成させて下さい。


.次にフェードアウトをつけた人は「ファイル」→
「名前を付けて保存」で保存して下さい。



  
フェードアウトをつけないという人は7.の作業から
「ファイル」→「その他の保存」→「選択範囲をファイルへコピー」で
保存して下さい。

↑これで着うたにしたい部分だけを取り出すことが出来ました。
後は携帯でも聞けるようにしてやれば終わりです。



音質や音量などが自分の携帯と相性が悪かった場合は
Sound Engineである程度改善することができます。
こちらに設定方法など詳しいことを載せておきますのでご自由にお使いください。
↓↓
Sound Engine良設定方法

.mmf_conv2を起動して下さい。
入力WAVEファイルの「参照」を押してさっきSound Engineで切り出したwavファイルを選択します。

画像

10.「ツール」の時間を優先するにチェックし、
「制限ファイルサイズ設定」の手動で設定をチェックして、
98000(byte)と入力して下さい。

画像

11.「変換開始」を押して出来上がりです。もしも出来ない人はSSD-MA3-SMAF
が正常にインストールできていない可能性があります。一度確かめて
     みてください。


注目!

着信ランプと音楽を連動させたい人はLED運動設定で設定できます。
バイブと音楽を連動させたい人はバイブ連動設定で設定できます。


携帯へ転送する方法がわからない方はこちらから↓
携帯へ入れる方法



為になったと思う人はここから投票お願いします!!
↓↓↓↓↓↓

人気サイトランキング


BACK
無料アクセスカウンターofuda.cc「全世界カウント計画」
SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー